銀歯からセラミックの歯に替えていく人が増えています

目立たない歯の治療は、銀歯が主流でした

今まで目立たない歯である奥歯などは、人から気づかれる可能性も低いので保険が適用される銀歯をつける人が多かったのが現状でした。しかし銀歯をつけたら、人前で笑ったりすると銀歯をつけた歯が見られてしまうのではないか?と不安に思う人もいましたが保険が適用されない治療には躊躇する人がほとんどで、保険が適用されない白いセラミックの歯を選ぶ人はなかなか少ないのです。多くの人は見た目に気をつけたいけどお金をかけたくないという気持ちが強いのです。

セラミックの歯によるメリットやデメリット

お金をかけてでも、見た目を良くしたい思う人が増えてきた中で、注目を集めるようになったのが歯を治療しても白いままでいられるセラミックの歯です。保険は適用されませんがセラミックは歯とよく密着するので、銀歯のように虫歯が広がるような事はなりにくいのが大きな特徴です。何よりも人前で安心して歯を見せられる安心感はお金に代えられない価値ですよね。そんなセラミックの歯には費用以外にもデメリットがあります、それは欠けたりする事があるという事です。したがってセラミックの歯もある程度のメンテナンスが必要と言われています。

セラミックの歯は本当に高いのか?

銀歯は費用が安く済む代わりに見た目が悪く虫歯になりやすくて、セラミックの歯は費用が高く欠けたりする代わりに見た目が良くて歯医者で治療をする人が今でも悩む人が多いのが現状です。お金をかけられる人はセラミックの歯を選んで、お金をかけたくない人は銀歯を選べばいいのではないか?と思われる人もいると思いますが、銀歯をつけて虫歯になりやすくなると何度も治療する回数が増えてしまい逆に治療費が増える事が考えられるので、決してセラミックの歯を選んだ方が治療費が高いとは言えないのです。

オールセラミックは歯の詰め物や差し歯の固定金具などをセラミック製の物で統一する処置を指します。通常の金属と異なり錆や腐食が生じないので口内環境の悪化を防ぐことが可能です。