人にバレない!?目立たない歯列矯正の方法2つ

こっそりと歯並びをなおそう

歯並びが気になって歯列矯正がしたいけど、あの金属の装置をつけるのが嫌だ!という方けっこう多いと思います。あの装置ちょっと目立ちますよね。でもご存知でしょうか?今は人に気付かれにくい矯正技術があるんです。みなさんの周りにも実はこっそりと利用されている方がいらっしゃるかもしれません。今回は人に気付かれにくく、利用者も多い効果的な歯列矯正の方法を2つご紹介したいと思います。それぞれメリット、デメリットがあるので比較してご自分にあった方法を検討してみてください。

装置が人から見えない裏側矯正

一般的な歯列矯正は歯の表面に矯正装置を装着しますが、裏側矯正では装置を歯の裏側に装着します。これにより人にまったく気づかれることなく歯並びを矯正することができます。高度な技術が必要とされますが、確かな技術をもつ医院を選べば矯正効果も十分に望めます。目立ちやすい上の歯は裏側矯正、目立ちづらい下の歯は一般的な装置を使うといった治療もできます。装置を人にあわせて細かく調整する必要があるので一般的な方法よりやや費用が高くつく点には注意しましょう。

装置の取り外しができるマウスピース矯正

透明なマウスピースを装着して矯正するのがマウスピース矯正です。装置は薄いので、装着していてもあまり目立ちません。口元を注視されるようなことでもなければ、装着していることが人に気付かれることは少ないでしょう。装置は自分で着脱することがが可能なので、どうしても気になる場合はマウスピースを外すといったこともできます。金属アレルギーで通常の装置は使えないといった方にもオススメできます。マウスピース矯正は軽度の矯正には向きますが、大きな矯正にはあまり向きません。

歯のセラミックの料金は、保険診療が効く場合と効かない場合があるので、治療前にしっかりと確認しておくことが大切です。