知らなかった!?ヒアルロン酸の3つの新事実

ヒアルロン酸はすぐに分解されてしまう

ヒアルロン酸は真皮の部分に最も多く存在していて、高い保水力を持っていることはよく知られています。しかしそのヒアルロン酸が真皮の中で、すぐに分解されてしまうことが最近の研究でわかっています。その早さは、人の体内に入ってから半日から1日という早さなのですよ。そのため体内に常にヒアルロン酸を維持しておくためには、分解される前に次の新しいヒアルロン酸を補充することが重要なのですよ。また関節の存在するヒアルロン酸は、それよりももっと短い期間で分解されてしまうので、毎日たくさんのヒアルロン酸を体内に取り入れる必要があります。

低分子のヒアルロン酸は吸収されない

今までは低分子のヒアルロン酸は、体内に吸収されやすいと言われていました。しかし最近の研究では、ヒアルロン酸を低分子化したとしても吸収に影響を与えることはないといったことがわかっています。現在における新事実は、ヒアルロン酸をコラーゲンやコンドロイチンやムコ多糖類などの成分と結びつくことによって、低分子された物を体内に取り入れると吸収されるという事なのですよ。ヒアルロン酸を体内に取り入れる場合は、特殊な複合体の形に結びつく事がとても重要ということでしょう。

ヒアルロン酸が減少することは老化の原因になる

皮膚が老化するのには、いくつかの原因があります。まずはコラーゲンの成分が変化してしまう事であり、その変化してしまう原因は紫外線が影響しているのですよ。またそれだけではなく、ヒアルロン酸が減少してしまう事も影響しているのです。ヒアルロン酸が減少することによって、包み込んでいたコラーゲンが縮んでしまう事となるのです。その状態で放置しておくと、肌には水分がなくなり乾燥した状態になるため、しわやたるみなどが生じてしまうのです。肌を健康に保つためには、コラーゲンと共にヒアルロン酸も補充する必要があると言う事なのですね。

ヒアルロン酸は、体内の色々なところにあります。保水力が大きく、保湿効果のある化粧水の中に入っています。