血液をクレンジングするって?驚きの健康法

血液クレンジングって何?

血液クレンジングって知っていますか?血液をクレンジングするって、ちょっとビックリしますよね。血液がドロドロだと、十分な栄養や酸素が全身に行きわたりにくくなり、冷え症や慢性疲労、動脈硬化などあらゆる不調に陥ってしまいます。運動や食事療法は面倒だし、薬も飲みたくない。出来れば、簡単にキレイな血液を手に入れて、いつまでも健康で若々しく過ごしたいと願う人達に、血液クレンジングは手軽で人気の療法のようですよ。

クレンジングってどんなことをするの?

では、どんな方法で血液をクレンジングするのでしょうか?簡単に言うと、抜き出した血液にオゾンを注入して浄化した血液を、再び体内に戻すそうです。取りだす血液は大体100から250ml程度で、血液を抜く時間も5分くらいで済みます。これだったら、不安にならずに済みそうですね。抜いた血液に医療用のオゾンを注入すると、血液に酸素が含まれてサラサラの血液に生まれ変わるそうです。そのきれいになった血液を点滴して体内に戻すことで、体中の血液が活性化するというわけです。

血液クレンジングの効果と注意点

きれいになった血液を取りこむことで、抗酸化力が高まり、アンチエイジングやダイエットなどにも期待できると人気が高まっているようです。血液クレンジングが受けられるのは、病院やクリニックなどに限られます。ただ、あくまでも病気の予防や免疫力アップを目指す療法であって、病気の治療ではないことを念頭に置いておく必要があります。健康法の一つと考えたほうが良いでしょう。また、最近はクレンジングを行うクリニックが増えているので、信用できるクリニックかどうか、本当に自分に合っている療法なのか、事前にしっかり調べたほうが良さそうですね。

血液クレンジングの方法とは、体内から血液を100CC取り出し、オゾンガスを混ぜて体内に戻す事をします。